With your SMILE

K A T - T U N ファン(K贔屓)のブログです。ボ ー カ ロ イ ド ・歌い手さんも好き。思ったことを思ったままに書いています。

RSS     Archives
 

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

キ ン キ キ ッ ズ 緊 急 全 国 コ ン サ ー ト K i n k i y o u   コ ン サ ー ト 。 7 . 3 0 O s a k a

 
7/30(水)
初のキンキコン行って参りました~♪
お席は17通路K列100番台着席ブロック。
バクステが近くにありました♪
周りは小さい子連れが多くてイス蹴られたりとか、
軽く不快感を感じつつ。苦笑
前の男の子はコンサート中寝てた(笑)
あ、ロビーでkinkiのコスプレした子を見かけました。
光一は白のタキシード、剛は紫のタオルみたいなのを頭に巻いて。
剛の子は顔もどことなく、剛に似てたなぁ。
光一の子は美人だった!

※追記はバリバリのネタバレです。




このレポですけれども、脳内SDから消えつつある記憶を呼び戻した
ものですし、メモとか取るタイプじゃなくて全部あたしの頭のみの
記憶のため、MCなんかは特に、勝手に作ってます。苦笑
大体です、大体の流れです。
理解して頂いたうえ、ご覧下さい。

01.愛のかたまり
 OPからこの曲だなんて!大好きー!
 長い階段を下りる。

02.硝子の少年
03.やめないで、Pure
04.愛されるより愛したい
05.KinKi Kids Forever EnglishVer.
06.永遠に

---MC---
・上着
 「あー、あっついあっつい。」(上着を脱ぐ。)
 「おっと剛さん、まだ脱いではいけない上着を脱いでしまいました。」

・お客さんの年齢層
 「今日は夏休みといえども平日ですからね。しかし!…しかも!」
 「・・・しかし、しかも・・・?」
 「訂正します。しかも!お昼公演ってことで。」
 「13:00開演ですからね。ミュージシャンは起きる時間ですよ。
 こんな時間に歌わせますか?」
 「何や、お前やる気なかったんか?」
 「そうじゃないでしょ。今までの見てたらわかるでしょ。踊ってたでしょ。」
 「まあね。」
 「昔1日4公演とかで朝11:00とかからやったことあるんですけど、
 僕らワーってテンション上げて行ってもお客さんがこんなん(目をパチパチ
 させたりトローンとしたり。とにかく眠い仕草。)でしたからね。」
 「今日のお客さんの年齢層もね。言わなくてもお察し頂けるでしょうか。」
 「若い子が少なくてやる気が出無いと。」
 「そんなこと言ってませんよー。」
 「いや、今の流れやと」
 「年齢層が広いですね、って。」
 「いやいやいや、違うでしょ。」
 「ちなみに今三十路の人ー?」
 「四十路の人ー?」
 「還暦の人ー?」
 「kinkikids10年以上前から好きな人ー?」
 「デビューする前から好きな人ー?」
 「今日何でかようわからんけど来てもおたっていう人ー?」
  前の男の子が挙手。笑
 「知ってると思いますけど、僕らめっちゃ喋りますよ。
 お客さんダレちゃいますからね。」
 
・MYOJO撮影。
 「今日は皆さんにお願いがあります。」
 「実は今日、明星と言う雑誌のカメラが入ってます。」
 「知ってます?」
 「明星一平ちゃんじゃないですよー。」
 「いや、明星一平ちゃんっていう雑誌ないやん。」
 「まぁまぁ。それでね、ここで写真撮りたいんです。」
 「ここで剛さん、ジャケットをまた着なければならないと。」
 「何かこれ着とかなアカンのやって。」」
 「そして知ってる人は知っている、カメラマンのイムリン(?)です。」
 「彼は写真集も担当してくれたんですよね。」
 「僕らのここ(股下)から写真撮ったのも彼ですからね。笑」
 「私写るの嫌よ~っていう人は後で言ってくれたらね、
 あとで黒い線入れますからね。」
 「出来れば俺にも線を。」
 「何でや!」
 「俺にもプライバシーがあるんや!」
 
・昨日のホテルでの話
 「昨日夜ホテルで何しとったん?」
 「マネージャーと2人でルームサービス食べてました。」
 「へー。マネージャーと2人で。」
 「はい。」
 「俺は1人で食べたけどね!普段は何してんの?」
 「まぁ、テレビ見てたね。」
 「それはチェックアウトの時に有料チャンネルはご利用になりましたか?って
  質問される感じですか?」
 「はい?」
 「だから、有料チャンネル。」
 「何言うてんのー。」
 「ちゃうよ!映画のやつとかあるやん!」
 「有料言うたらそれちゃうでしょ~。」
 「映画ですよ。笑 それでな、ヒーリングチャンネルって見たことある?」
 「ヒーリングチャンネル?」
 「そうですよ。川とかずーっと映してるアレです。」
 「いや~?俺あれ1番要らんのちゃうかな、って思ってたんやけど。」
 「あれいいよ!癒されるよ!ホテルの人もよ~考えてる!」

・ドラマの話
 「フジテレビの23:10から33分探偵始まりますー。
  俺がこの事件、33分持たせてやる!ってキメ台詞あるんですけど、
  若干金田一のパクリですよね。」
 「パクリはあかんやろ。笑」
 
 剛がドラマについて喋ってたら光一が隣でマイクを片目に交互にあてて
 視力検査みたいなことをする。

・コンタクト
 「何してんの?」
 「いや、コンタクト曇ってるねん。」
 「いや、その・・・(指差す?)」
 「歯医者的な動き?」
 「・・・?歯医者っていうか目医者じゃないですかね?」
 「この細かい作業!これは歯医者の領域ですよ。」
 「そんなん裏でやったらエエやん。」
 「ここに居たいんだよ!」
 呆れて剛は舞台裏へ。
 鏡を受け取った光一が舞台にしゃがみ、ドリンクの水をコンタクトにかけ、
 必死で装着。そして
 「スッキリーーーー!!あれ?」と、キョロキョロ。
 「私とコンタクトどっちが大事なの?」
 「うわ~、こんな女めんどくさ!」

・また昨日の話
 「あ、昨日なー。」
 「え?」
 「ええわ、あとで言う。」
 「良いから今言いや。」
 「いや、後で言うわ。」
 「俺が今ドラマの話しをして、『ではそのドラマで使われている~』っていう流れを
 作ったのに何で止めるの~。止めたからには面白い話なんやろなぁ!?」
 「昨日ホテルでNHK見ててん。」
 「俺も見てたで。」
 「あれを見て、考えさせられた。」
 「うん。ガナルカナル島のやつですよね。」
 「そう!そうなんですよ。それを見て俺も、」
 「それを見て俺も?」
 「頑張りたいと思いました。」
 「…うん。その話、別に後でも良かったなぁ。」
 「だから後で話す言うたやん!」

それから無理矢理ドラマの話に繋げて。
 「知らない人が多くてボーっと見てる人が多いんですけど。」
 「知ったかぶりしてくださいね。」
 「TKOみたいに。知ってる?
 知ったかぶりして、隣の奴と一緒に歌うやつ。」
 (といって2人でちょっとだけTKOのマネ。)
 「シンコペーションですからね。」
 「・・・ペーション。」(ちょっとぼかしながらいう。)
 「あー!」
 「もう嫌!」
 「何がー?」
 「何で今ほくそ笑んで言うた?」
 「俺何も言うてへんやん!」
 「いーや!俺には聞こえた。」(幼児が使う、あの言葉。笑)
 「俺、何言うたん?」
 「俺の口からはいえません。」

ちなみに大体40分くらいのMCだった気がします。笑
正直長すぎて疲れた・・・。

07.SecretCode
08.知らない曲
09.知らない曲
10.月光

---映像---
11.ジェットコースターロマンス
  ムービングステージ。向かって右に光一、左に剛。
12.フラワー
 バクステにて。紙ふぶきアリ。
 ぐんぐん上に伸びるステージ。右が剛、左が光一。
 折角よく見えるタイミングなのに照明で眩しくて見えなかった…。
---MC---
 「ちょっと良いですか?」
 「何ですか?」
 「サイズ違うズボン渡されたんですけど。」
 「え?」
 「小さいんですよ、コレ。」
 「これ今からガッツリ踊るんケツパーンならへんかな?」
 「(TOKIOの)長瀬みたいにね。」
 「大丈夫かなー?」
 「○×※■%ハッ!」(光一のお尻に向かって念仏(?)して叩く)
 「おっ!」


13.たよりにしてまっせ
 最後にバック転!
14.このまま手をつないで

---MC---
・スボン
 「ゴールドピチパンですよ。笑」
 「昨日と今日、2回も下ネタ言うた天罰ですよ。」
 「俺今日は言うてへんもん!」

・不満のうた
 MAの2人に出て来てもらう。町田と…誰?爆
 「折角やからこいつ(光一)に日ごろの不満をぶつけてください。」
 「僕は光一さん憧れてるんで不満なんてありません!」
 剛がギターを手に取り、弾く。そして2人が音楽に合わせて不満を言う。笑
 内容は・・・
 +踊りが飛んだ時に仁王立ちしないで下さい
 +本番中に下ネタ言わないで下さい
 しか覚えてないわー。汗
 「ビックリしたー」
 「まさかあんなに出来るとは」
 「ダンサーさんも出て来てくれてこんなん(ダンスのまね)してましたやん。」

・ジャケット
 「先輩のジャケットとか僕ら着せてあげましたよね。」
 「僕木村君のジャケット係でめっちゃ緊張したの覚えてる!」
 光一のジャケットが着るのが下手で・・・
 「町田まだ居るー?」
 「町田ー」
 「もう次のスタンバイに入ったようですね。」
 変な格好でジャケットを着る光一。
 何故かまた脱いで、また着ようとする。
 そして町田くんが現れ、着せてあげる。笑

・ドラマの話
 「33分探偵ってスーツ着てやってるんですけど、めっちゃ暑いんですよ。」
 「あー暑いわなぁ、スーツは。」
 「ほんで現場にあの冷気が出るこんなやつ(装置の形を手で作る)あるやん?」
 「俺それ持ってる!こんなやつやろ?俺スシ王子の時買ったもん!」
 「買ったん?」
 「うん。貸したるで!」
 「ホンマに?」
 「(くい気味で)1回5000円で。」
 「(呆れ顔で)私とお金どっちが大事なの。」
 「嘘やって~面倒くさいなぁ。笑」
 「どっちかって言うと面倒なのはそっちですけどね。」
 
 あと、水川あさみちゃんの挨拶とか、ものまねの話を。(省略。爆)

15.青の時代
16.to Heart
17.薄荷キャンディー
 少クラで亀梨くんが「何度も泣かせたねごめん~♪」のところで
 こめん、って片手で謝るポーズするのが軽すぎるのが思い浮かんだ。笑


---映像---
18.ビロードの闇
19.全部だきしめて
20.永遠のBLOODS
  外周
21.僕の背中には羽がある
 39アルバムのDVDでバックにKAT-TUNがついてて、あの不揃いで
 バランバランなKAT-TUNが見えて顔がニヤけました。笑

22.Anniversary

---挨拶---
 僕らが音楽で愛を届けて、とか言う話だったかな。

23.愛のかたまり
 2度目のこの曲。1番はアコースティックVerでしっとりと。
 2番はシングルの通りに。
 この曲、本当好きだなぁ。


---アンコール---
01.99%LIBERTY
---MC---
02.もう君以外愛せない

---Wアンコール---
kinkiにもダブルアンコールがあるのか、と感動(笑)
挨拶のみ。

 剛「皆汗とか凄かったと思うけど替え持ってきてる?」
 剛「俺持ってきてるー♪」
 ファン「ちょーだーい」
 剛「嫌やわ。何でやらなあかんねん!(真顔)」

どこかで「涙、ひとひら」も歌ってました。
剛の歌声が本当気持ちよかった。やっぱ彼の歌は良いね!
そしてやっぱり光一は王子様でした♪
しかーし、やっぱKAT-TUN好きやな、って思いました。
だって、ついこの間KAT-TUNコンサートした場所ですよ?
もう思い出さずにはいられない…。笑
kinkiの向こうにKAT-TUNが見えました。笑
あとね、全体的にMCが長くて、ホント疲れた。笑
MCの所々で「まだ喋りますから」とか言ってたし。
だって「まだ喋んの!?」って思ったくらいだもん。
スポンサーサイト

Comment


    
Calendar
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Myself

きょん

Author:きょん
関西に住んでます。多分20代の女です。
K A T - T U N(K贔屓)、ボ ー カ ロ イ ド 、某動画サイトの歌い手さんが好きです。

Twitter




ブロとも申請フォーム

S E A R C H

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。